このページのトップ
ここから本文です

現在の位置: トップページ意見書・決議件名 › ドクターヘリの全国配備を推進するための新法の制定を求める意見書

  • 議員紹介
  • 会議日程
  • 本会議
  • 委員会
  • 本会議録画中継
  • 本会議録の検索
  • 意見書・決議件名
  • 傍聴・請願・陳情
  • 情報公開
  • 議長交際費
  • 政務活動費
  • 各会派の予算要望
  • 区議会だより
  • よく分かる区議会

ドクターヘリの全国配備を推進するための新法の制定を求める意見書

1分1秒を争う救急医療の「切り札」としてドクターヘリの全国配備が強く望まれている。特に近年、医師の偏在や不足が深刻化しつつある中で、患者がどこにいても短時間で治療や搬送を行うドクターヘリの配備の必要性は高まっている。
日本の現状はドクターヘリが広く普及している欧米諸国と比べると大きな格差がある。例えば、1970年に世界に先駆けてドクターヘリを導入したドイツでは、その後20年間で交通事故による死亡者数を約3分の1にまで劇的に減少させている。
また、山岳地帯が多いスイスでは、国内どこへでも概ね15分以内に医師を乗せたヘリを現場に派遣して、治療行為を開始できる体制をとっている。
しかし、日本では平成13年度からドクターヘリ導入促進事業がスタートしたが、現在、岡山、静岡(2機)、千葉、愛知、福岡、神奈川、和歌山、北海道、長野の9道県10機の運行にとどまっている。導入が進まない要因の一つは、運営主体となる都道府県や病院の過重な財政負担であることが指摘されている。
よって、足立区議会は国会及び政府に対し、救急救命に大きな効果を上げるドクターヘリの全国配備を推進するために、下記の事項を含めた体制整備に必要な措置を図る新法の制定を強く求めるものである。

  1. 国と都道府県の責務を明記すること。
  2. 国が整備に必要な経費を補助すること。
  3. 運行費を支給するなど財政安定化を図ること。

以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

平成18年10月20日

議長名

衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
厚生労働大臣
国土交通大臣あて


このページのトップへ戻る


Copyright(C)2003 Adachi City Assembly.All rights reserved.