本文へジャンプ
ここから本文です

現在の位置: トップページ › 情報公開

  • 議員紹介

  • 会議日程

  • 本会議

  • 委員会

  • 本会議録画中継

  • 本会議録の検索

  • 意見書・決議件名

  • 傍聴・請願・陳情

  • 情報公開

  • 議長交際費

  • 政務活動費

  • 各会派の予算要望

  • 区議会だより

  • よく分かる区議会


情報公開

足立区議会では、議会情報をより一層区民に公開し、さらに開かれた議会を実現していくため、足立区議会情報公開制度を実施しています。
足立区議会情報公開条例の概要は下記のとおりです。

足立区議会情報公開条例の概要

目的(第1条)

地方自治の本旨にのっとった足立区政を実現するために、議会情報を積極的に公開し、区民に対して自らの諸活動を報告する責任を明らかにし、議会に対する区民の理解と信頼を深めていくことを宣言しています。

対象となる情報(第2条)

対象となる情報は、議会事務局の職員が職務上作成し、又は取得した文書、図画、写真及び電磁的記録で、議会事務局の職員が組織的に用いるものとして議長が管理している情報です。

利用者の責務(第5条)

利用者は、情報の開示を求める権利の行使を適正に行わなければなりません。また、得た情報は適正に使用しなければなりません。

開示請求権者(第6条)

開示請求ができるのは、区内に在住・在勤・在学する人、区内に事務所又は事業所を持つ個人及び団体、情報の開示を請求する理由を具体的に示すことができる人や団体です。

開示請求方法(第7条)

開示請求は、次のいずれかの方法でできます。

  1. 「議会情報開示請求書」(下記にPDF版あり)を窓口、郵送、ファクシミリのいずれかの方法で区議会事務局に提出してください。
  2. 東京電子自治体共同運営サービスを利用し、インターネットにより請求してください。

情報の開示(第8条)

次のような非開示情報を除き、すべて開示します。

  1. 個人生活に関する情報で特定の個人が識別されるもの。(ただし、人の生命、健康、生活又は財産を保護するため、公にすることが必要であると認められる情報などは除きます。)
  2. 法人(国、独立行政法人等、地方公共団体及び地方独立行政法人を除く。)その他の団体に関する情報、又は事業を営む個人の事業に関する情報で、開示によりその利益を損なうと認められるもの。(ただし、人の生命、健康、生活又は財産を保護するため、公にすることが必要であると認められる情報などは除きます。)
  3. 会派(注1)の活動に関する情報で、開示によりその活動に支障をきたすもの。
  4. 法令及び条例の定めにより開示できないもの。

など。

(注1)会派とは
      議員の中で同じ政策の実現を目指す議員が集まって結成するグループ。

開示の決定(第12条)

請求を受けた日の翌日から起算して14日以内に、全部開示、一部開示、全部非開示、不存在、存否非開示などの決定を行います。
条例の規定により決定期間を延長する場合を除き、条例所定の期間内に開示等の決定がなされない場合には、非開示決定がなされたものとみなすことができます。

開示の方法(第14条)

開示は、閲覧、写しの交付などの方法により行います。
また、開示等の決定の通知があった日から90日以内に、正当な理由なく開示請求者が開示を受けないときは、開示請求者に情報が開示されたものとみなします。

費用負担(第15条)

情報の閲覧は無料です。写しの作成及び送付に要する費用は請求者負担となります。(費用一覧を参照)
開示の請求に係る情報に条例上の非開示自由に該当する情報が記録されているため、写しの作成又は被覆の処理をして開示を実施する場合には、写しの作成又は被覆の処理に要する費用は、開示請求者のご負担となります。

足立区議会情報公開審査会(第17条)

開示請求者の救済機関として、審査請求に係る調査等を行います。

情報の公表(第25条)

区民の区政への参加をより一層推進する情報又は区民の福祉を向上させるために必要な情報については、積極的に公表していきます。

開示制度の対象情報(付則第2項)

開示制度の対象情報は、平成12年4月1日以降に作成し、又は取得した情報です。

費用一覧

  • 閲覧用の写しの作成又は被覆処理に要する費用:1面10円
  • 複写機により作成した情報の写しの交付:(A3判以下)1面10円
  • 複写機により作成した情報の写しの交付:(カラーコピー)1面50円
  • 電子計算機からの出力物の交付:1面10円
  • FDに複写したものの交付:1枚50円
  • CD-Rに複写したものの交付:1枚100円
  • USBメモリーに複写したものの交付:1個1,000円
  • 情報の写しの郵送に要する費用:実費相当額

情報開示までの一般的な流れ

開示の請求

開示を求める議会情報を決め、次のいずれかの方法で開示請求をしてください。

  1. 「議会情報開示請求書」(足立区議会情報公開条例の施行に関する規程第1号様式)を窓口、郵送、ファクシミリのいずれかの方法で区議会事務局庶務係に提出します。
    (注)請求者の控えとして「議会情報開示請求書」の写しが交付されます。
  2. インターネットの東京電子自治体共同運営サービスを利用し、情報開示請求をします。
    (注)請求者の控えとしてインターネットで「情報開示請求」が印刷できます。

決定

後日、「議会情報開示等決定通知書」(足立区議会情報公開条例の施行に関する規程第2号様式)が自宅に届きます。
(注)原則として請求を受け付けた日の翌日から起算して14日以内に決定します。
(注)開示の日時、場所、方法などが記入されています。

開示

指定された日時、場所、方法で情報の開示を受けます。
インターネットによる開示はできません。
(注)「議会情報開示等決定通知書」を提示していただきます。

お問合せは、区議会事務局 庶務係まで 電話 03-3880-5995(直通)

PDFファイルを閲覧するには、アドビシステムズ社が無償配布する「アドビリーダー」が必要です。Adobeホームページ(新しい画面が開きます)からダウンロード、インストールをしてご利用ください。

このページのトップへ戻る


Copyright(C)2003 Adachi City Assembly.All rights reserved.